2016/02/28

地元のハクチョウ飛来地は日本最南端のハクチョウ越冬地

地元ハクチョウ飛来地では、今シーズン、オオハクチョウ8羽、コハクチョウ8羽が越冬していますが、飛来数が過去最少?のようです
元々飛来していた池は付近の開発が進み付近に住宅が増えたり、他の池にはソーラーパネルが設置されたり、水が抜かれていたり
古くから餌をやっていた方が引退したり、マナーの悪い観察者がいたりでハクチョウたちにとって良いことがありません
単なる暖冬の影響かも知れませんが、そんなことが影響していないかと考えさせられます
もうすぐハクチョウたちは北に向かって帰って行くでしょうが、来シーズンも元気にやって来てほしいものです

IMGP640501.jpg
IMGP649102.jpg
IMGP653703.jpg
IMGP654804.jpg
IMGP656305.jpg
IMGP657606.jpg
IMGP658607.jpg
IMGP660008.jpg
IMGP661009.jpg
IMGP665210.jpg
IMGP665511.jpg
IMGP668512.jpg
IMGP670313.jpg
IMGP672014.jpg
IMGP673115.jpg